<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

良いお年を!!

今年も残すところ数時間。
本年度もいろいろな方にお世話になりました。

毎年のことですが世界には時差というものがあるというのを改めて感じる大晦日。
いつになっても不思議です。。。

f0204955_21111141.jpg
2017年、皆様にとって良い年になりますように。。。


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2016-12-31 21:12 | Comments(0)

久々の修復

12月に入って今年もあとわずか。
フィレンツェの町もなんとなく慌ただしくなってきました。

さて、久しぶりにちょっといい修復の仕事が入ってきました。
木象嵌の入った小さなサイドテーブルで1700年代のモノとのこと。
ただいろいろと見てみると古くても1800年代半ばかな、、、といった感じですがフィレンツェの
アンティーク家具あるあるで年代表記などがない場合、お客様は大抵100年くらいは古めに
言ってきます(笑)

f0204955_8593428.jpg
プライベートの依頼なので裏面だけ、、、

表面は仕上げもきれいにしてあって経年変化が分かりづらいですが突き板が貼ってあるベースの
木は時代が経っていい雰囲気になってきています。

とりあえずは虫食いの消毒をしつつ全体のコンディションをみて作業工程を検討。

f0204955_91292.jpg
手前の水滴のようなモノは膠の固まった状態

こういった小さなポイントでもこの家具がどういった修復をされてきたのか見えてきます。

アンティーク家具というのは何度か修復の手が入っているのが当たり前でその仕事によって
その家具の価値にも影響が出てきます。

有名な修復工房のサインが普通では気付かないところに入っていたりしてそれが家具に対しての
保証になり価値が上がったりします。

自信のある仕事をしたからこそ入れられたサイン。
そういったモノをみつけるととても嬉しくなります。

細かい木象嵌の欠損パーツの復元が仕事のメインになってくるのでしばらくは地味な作業が
続きそうです。。。


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2016-12-08 09:33 | 修復 | Comments(0)