<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

時計に挑戦

先日、Veronaの街の時計台の写真などを載せましたが実は時計を作るために
いろいろと参考になるものを探していたんです。


そして今回デザインをしたものがこんな感じ。
見づらいですが・・・


f0204955_811168.jpg
1900年代初頭の懐中時計がモチーフ


30cm程の掛け時計でもちろんちゃんと動きます。


まずはムーブメント部分を制作。


f0204955_83710.jpg
とりあえずパーツをそれぞれの形にカット


f0204955_844932.jpg
それを前後関係を調整して組み合わせ


古い象嵌細工の作品で機械の歯車などが立体的にデザインされたものがけっこう有り
ずっとやってみたいとは思っていたのでどこまで立体感が出せるかが勝負。


この時計には木象嵌細工だけではなくいろいろと仕掛けを考えているのでお楽しみに!!


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-29 08:14 | 木象嵌細工 | Comments(0)

il Cipresso

去年、今年とFirenzeに長く滞在されていた職人さんやコックさん達が多く
日本に帰国してしまい少し寂しい思いをしています。
Firenzeに来て間もない頃、いろいろな情報を教えてもらったり美味しいものを
ごちそうしてもらったり、人との繋がりも彼らのおかげで随分出来ました。


とてもお世話になっていたサスライシェフyossyさん達も今年日本に帰国されたのですが
さっそく鹿児島にレストランをオープンします。

ristorantino 「il Cipresso」

「il Cipresso」というのは糸杉のことなのですが木象嵌細工にも頻繁に使います。
このお店の名前を見て思わずこんなものを作ってみました。


f0204955_16593370.jpg
Via trento近くの公園からのFirenze

空で使っている素材がまさにトスカーナのil Cipressoです。


オープンに間に合うかどうかはちょっと微妙ですが喜んでもらえるといいのですが・・・
鹿児島の様々な美味しい素材がどんな料理になるのかとても楽しみです!!


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-25 17:14 | Comments(2)

残暑が厳しい・・・

残暑厳しいFirenzeは連日ほぼ40℃。
普段は涼しい工房の中もさすがに暑い。
動きの少ない磨きの作業でも汗がタラタラ・・・
この磨きに先週から手こずっていて予定がずれ気味。


f0204955_7225489.jpg
光ってはきているもののまだまだ磨きが甘い


明日で何とか目処がつくかな・・・


さて、街で見かけた花。


f0204955_726744.jpg
なんという花かは分からないが美しい


自然の力はやっぱりすごい。


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-23 07:31 | Comments(6)

はじめてのOpera鑑賞

日本から来てくれている相方のお供で人生初のOperaを見るためにVeronaへ。


f0204955_844384.jpg
ロミオとジュリエットで有名なこの街自体も初めて。


Operaが始まる夜まで少し街をブラブラ。


f0204955_846564.jpg
カラフルな街並


f0204955_848182.jpg
f0204955_8452386.jpg
f0204955_8493734.jpg
イタリアでは珍しいキチンと動いている時計台がたくさん


f0204955_8505381.jpg
多くの建物で使われているちょっと変わったチョコレート色の壁


f0204955_8531572.jpg
川と城壁に囲まれた街


f0204955_8564752.jpg
そして街の中心でもある野外Opera劇場のArena


今回の演目はAida。
古代エジプト時代、勇敢な一人の兵士と相対する国それぞれのお姫様との複雑な恋の話。

メインの曲は今では日本人のほとんどが知っているであろうサッカー日本代表のテーマ曲で
この曲が主役の兵士が戦争から凱旋帰国する時に使われます。
恥ずかしながら私もこの曲がこの有名なOperaの曲だということを知りませんでした・・・


f0204955_981263.jpg
円形劇場の舞台とそれを取り囲む観客席


f0204955_9113921.jpg
夜が更けてくるにつれていっぱいになってくる観客席


f0204955_9125293.jpg
オーケストラと野外劇場ならではの壮大なセットに本物の馬も登場する豪華な演出


f0204955_9192177.jpg
そして今回のラストシーン


あらかじめ内容と見どころなどを聞いていたおかげで歌の歌詞などを聞き取ることは
ほとんど出来ませんでしたが役者の演技・舞台の演出、オーケストラの演奏やそれを
指揮するMaestroの動きでどういったシーンなのかは感じ取ることが出来ました。


はじめてOperaを見た感想は美術館のアートを極上の音楽にのせて流れるように
鑑賞したといった感じ。

舞台演出にはそれぞれのシーンのシンボルとなるものが強調されており
それをどう表現するかが演出家の腕の見せどころ。
これは西洋絵画でも同じで、同じ題材でキャンバスという限られた空間で
どう表現されているかがそれぞれの絵画の魅力。

音楽に疎い私はこういった舞台演出の方についつい目がいってしまいますが野外劇場
という舞台はやはり迫力がありました。
同じ演目を異なる劇場、異なる演出家のものと見比べることによって初めて
今回すばらしかった部分などを知ることが出来るような気がします。
イタリアで気軽に見ることが出来る間に少しでも見ておかなければ・・・


それにしても今回の指揮者は音楽に疎い私でも迫力が伝わってくるすばらしい方でした。
彼の全身の動きですべての音、演技が操られている様子はライブならでは!!


イタリアでまた貴重ないい経験をすることが出来ました。


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-16 09:59 | 旅行 | Comments(4)

Aosta渓谷・城と大自然

Fieraを満喫したあとは近隣に数多くある城をいくつか回ってみました。


f0204955_649478.jpg
castello di Verres


お城といっても丘のうえにある城塞で戦争用に作られたものがほとんど。
このVerresのお城の中は意外とシンプルなものでした。


f0204955_793586.jpg
お城までの道のりはけっこう大変ですが眺めは絶景


f0204955_6533748.jpg
色とりどりの花にあふれたきれいな町


f0204955_702284.jpg
この地方独特の屋根で大きな切り出した岩で作られている


f0204955_72135.jpg
この屋根の雰囲気がとてもいい感じ


イタリアで旅行をすると感じるのですが周辺の岩や木などの色がそのまま町の色になっていて
統一感がありそれぞれの地方によって雰囲気が異なる。
本来、モノ作りというのはこうあるべきなのだろうなぁと感じます。


Verresに近い町Bard。


f0204955_7112041.jpg
ここにも大きな城塞Forte di Bard


f0204955_7135153.jpg
城の上までつながるエレベーター


f0204955_7152224.jpg
自然の岩が残る面白いデザイン


この城塞、外見では分かりませんが中はモダンに改装されていてギャラリーやイベント会場に
なっていて夏のこの時期にはライブなども行われます。


お城の次は大自然。


f0204955_720582.jpg
AostaからロープウェーでPilaへ


朝一番に登った時の気温は11℃。
やっぱり寒い・・・


そして、Gran Paradiso国立公園のふもとの町Cogne。


f0204955_7233892.jpg
天気は良かったものの風が少し強く寒かった・・・


f0204955_7291836.jpg
広場からGran paradisoへは一本道


f0204955_7322361.jpg
山に囲まれた大草原


f0204955_734249.jpg
山歩きでちょっとフラフラの相方


f0204955_7361153.jpg
一時間ほど歩いて小さな町に到着


f0204955_7393112.jpg
小高い丘の上のレストランで昼食


f0204955_741846.jpg
公園内の家?


f0204955_7422987.jpg
巨大な岩の側でちょっと休憩


f0204955_7433087.jpg
できたての乳製品を売っている山小屋に続く道


大自然を堪能したあとは夕飯でAosta名物チーズフォンデュ。


f0204955_7452317.jpg
くせのないチーズにカリカリのパンが絶品


f0204955_7504748.jpg
フォンデュ以外のパスタやデザートもとてもおいしかったRistorante Vecchia Aosta


f0204955_7534171.jpg
季節のイベントでライトアップされた古代ローマの遺跡


夏はとにかく海に行きたがるイタリア人。
山に行くと言うと不思議な顔をしていましたが気温もちょうど良く夏ならではのイベントも満載。
海の混雑があまり得意ではない人にはAosta渓谷、おすすめです!!


f0204955_7555971.jpg



New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-12 08:05 | 旅行 | Comments(1)

Aosta渓谷・Fiera

暑さの戻って来たFirenzeから脱出してモンブラン等4000m級の山々に囲まれたAostaへ。
イタリア語とフランス語が入り交じるアルプスの町は建築・文化も独特でとても興味深い。

f0204955_5573534.jpg
メインのPiazza Chanoux


今回の一番の目的はAosta地方の職人達が集まるFOIRE d'ETE。


f0204955_69589.jpg
年に2回行われるFiera


集まっている職人さんのほとんどは木彫。


f0204955_6115413.jpg
アンティーク扉の一部に彫刻をした作品


f0204955_615552.jpg
これも扉の上部を利用したもの


f0204955_6161573.jpg
非常に細かい羊飼いの彫刻


f0204955_618774.jpg
こちらも同じ作家の作品


f0204955_620955.jpg
鍵穴の活かし方や虫食い穴のそのままの雰囲気が絶妙


f0204955_6221822.jpg
彫刻の技術も非常に高い


f0204955_623569.jpg
アンティークの木ネジとコンテンポラリーアートのMix


f0204955_624449.jpg
この地方にはまだ多く残っているTornitoreの実演


f0204955_6255617.jpg
そしてAosta地方名産の急須?


寒い地方ならではのもので暖めたワインを友人達と飲む時にいくつも付いている
それぞれの注ぎ口からグラスに注ぐそうです。
形も注ぎ口の数も何種類かあって面白い。


f0204955_6304938.jpg
これが一番のお気に入りだったのですがやっぱり他と比べると高価で断念・・・


f0204955_63371.jpg
noceで作られたマスク


f0204955_634074.jpg
これらの果物もすべて木彫


日本でもそうですが寒い地方では冬にあまり外出が出来ないため、その分建物の中で
じっくりと制作をする編み物や彫刻が名産になりやすい。


上質の木や革、石等の作品はどれも丁寧に作られていて心が温まるものばかりでした。


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-12 06:46 | 旅行 | Comments(0)

東京で展示会します!!

今年は東京で個展をやってみたいとひそかに動いていたのですがようやく決めました。
日程は11月17(木)〜22(火)。


場所は東京・早稲田にある早稲田スコットホールギャラリー


1922年に竣工した赤煉瓦作りの建物で今年あらたに改修をしてギャラリーに。
「東京都歴史的建造物」にも選定されているこの建物の雰囲気と自分の作品との
相性がとても良さそうなので今回、このギャラリーを選びました。


一人でやるには少し広いギャラリーですが来て頂いた方にゆっくりと見てもらい
いろいろと話が出来ればいいなと思っています。


今はとにかく作品を仕上げてDM等の準備もしていきます。


さて、明日から少し休みをとってAostaへ小旅行。
木工のFieraを見に行きつつのんびり山登りでもしてきます・・・


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-06 03:37 | 展示会 | Comments(6)

夏休み前の最後の追い込み!!

今週末でいつも材料を切ってもらっている材木屋さんが夏休みに入ってしまうので
急ピッチで作業を進めてます。


とうとう花も切り終わりました。


f0204955_64410100.jpg
この細かいパーツの並べ替えがとにかく大変


何度か夢でうなされました・・・


f0204955_6473625.jpg
焦がし後


一気に表情が出てきます。
中央の白いバラで30パーツほどなのですが焦がしを入れるとその細かさが引き立ちます。
あとは磨きをかけることによって出てくる木の光沢が楽しみ!!


そしてミケランジェロ。
入れるかどうか少し考えたのですがこの作品には時間の経過というメッセージも
込めたかったのでそのシンボルともいえるひびを入れていきます。


f0204955_653401.jpg
大きめのひびはパーツを切って嵌め込み


f0204955_70855.jpg
油断すると今にも折れてしまいそうなひびのパーツ


f0204955_711975.jpg
細いひびはナイフで彫り込みを入れてあとでパテ埋め


来週からはいろいろなものを一気に磨いていきます。
楽しみ、楽しみ!!


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-04 07:11 | 木象嵌細工

8月!!

少しずつ暑さの戻ってきたFirenze。
いよいよ明日から8月。
小さなお店などは1ヶ月ほどお休みになってしまいます。
今年は材料をけっこう買い貯めておいたので問題は無さそう。
8月もバッチリ仕事が出来ます!!


週末も一仕事。


f0204955_6224547.jpg
花もあと2つのパーツを残すのみ


そして問題の腕のパーツの交換。


f0204955_6294199.jpg
ドライヤーで膠をやわらかくして彫刻刀で前のパーツを除去


f0204955_628658.jpg
あらためて膠で接着したのですがほぼ隙間も無く無事交換完了


やっぱりこちらの方がしっくりいくので手間をかけたかいがありました。
来週からはいよいよ磨きの作業になりそうです。


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-01 06:38 | 木象嵌細工 | Comments(0)