<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最近作ったモノ

オーダーを頂いて製作。


f0204955_1715352.jpg
ウィーンで購入したオーストレッグのベルト


爬虫類系の見た目に反して意外としっとりしているのでちょっとびっくり。
もう一度使って何か作ってみようかなぁ・・・


f0204955_17183013.jpg
Guidiの革を使用したL字ZIPの財布


f0204955_17203843.jpg
革の存在感があるので作りはシンプル


彼らは元気に巣立っていきました。


さて今日から一週間ほどパリへ。
目的は年に一度行われるという道具市。
きっとまた良い出会いが待っているはず!!
楽しみ、楽しみ。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-28 17:29 | | Comments(2)

Ciompiにて

Ciompiのアンティーク市で砥石を発見。


f0204955_19401436.jpg
刃物の最終仕上げ用


以前から探していたのですが意外と出ていない。


たくさんのモノ作りを支えてきただろうこの砥石・・・
しっかり引継ぎさせてもらいました。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-25 19:44 | アンティーク市 | Comments(6)

技を盗む

何度かブログにも書いているとなりの工房の修復職人Beppeさん。
彼の工房ではけっこう貴重な家具の修復をやっていることが多い。
おしゃべり大好きな彼はちょっと工房をのぞくといろいろと話をしてくれる。


この日は工房にあった19世紀後半の額縁のパーツを利用して新しく額を作り直していた。


f0204955_19421330.jpg
アンティーク市で販売するとのこと


この額縁を作るために利用していた工具。


f0204955_19433453.jpg
ドイツ/ULMIA社製


アンティーク市で良く見かけるノコギリですが実際に使ってみると非常に使い勝手がいい。
今度みつけた時はぜひ購入してみようと思う。


f0204955_19464755.jpg
彼が4、50年前に購入してもちろん今でも活躍中


f0204955_1948427.jpg
直角定規や角の部分に印を付ける道具


これらの道具も彼が手作りで40年ほど前に作ったそうです。
どれも使い込まれて非常にいい雰囲気になっています。


今は飾りになるだけで実際に使われることの無いような大きな鉋なども彼は大事に使っている。
彼にとっては機械を使うより簡単で正確に出来るらしい。


正確さを求めるというのであれば機械は非常に便利である。
ただアンティークというのは完璧に仕上げてしまうと違和感が出てしまう。
この微妙なさじ加減が職人の善し悪しに繋がる。


こういった感覚は彼のようなベテランの職人さんから学ぶしかない。
彼はいつも「見て盗んでいけ!!」と言ってくれる。


この日もいろいろと盗ませてもらいました。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-23 20:10 | 修復 | Comments(4)

Sindone

MilanoからTorinoへ各駅停車の電車で約2時間。


今回ちょうどTorinoでSindone/聖骸布の一般公開が10年ぶりに行われていたので
見てきました。


f0204955_2205789.jpg
Sindoneが納められているTorino Duomo


予約が必要ということでインターネットで予約。
15分刻みでのスケジュール管理だったため予約時間通りに入れるかと思っていたのですが
ここはイタリア。


f0204955_2261425.jpg
予約一時間前に到着するもすでに長〜い行列


f0204955_227335.jpg
聖歌を歌いながら待つ敬虔な信者の方々も


結局、待つこと一時間半でDuomo内へ。
布に残った痕についての細かい説明VTRを特設の部屋で見ていよいよ接見。


f0204955_22141193.jpg
予約無しでも遠い場所からは見ることが可能


あきらかに中心からシンメトリーで正面、背中の人影を確認することが出来る。


f0204955_22162273.jpg
近くで見ると顔の表情もはっきり


手足の釘の痕や脇腹の傷跡、いばらの冠の痕等も説明を聞くと確かにある。


真偽については現代の科学でも未だ解明することは出来ていないが世界中からこれだけの
人々を集める何かの力は感じる・・・


次の一般公開はいつになるのか分からないが不思議な経験・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-22 22:41 | 旅行 | Comments(0)

ミラノサローネ2010 part3

zona brera
アートギャラリー/dirmosにて。

f0204955_8542713.jpg
雑誌を接着して木目調にデザインされたスツール


f0204955_8561484.jpg
f0204955_856402.jpg
f0204955_857534.jpg
様々な形にデザインされたライト


アートギャラリー/Andrea Branzi・EPIGRAMMI。

f0204955_90598.jpg
影の使い方が絶妙なセンスのいいディスプレイ


f0204955_923722.jpg
via monte napoleone


今年のミラノサローネはFiera会場よりもFuori Saloneの方が盛り上がっていたような気が・・・
新しいzonaでイベントが始まったりzona tortonaもショップが増えて歩くのも大変。
SWAROVSKIやSUPERSTUDIO PIUは入るのに30分待ちだったりと大混雑でした。


今年で4回目のミラノサローネ。
毎年見方が変わっていく中で今年は特にマテリアルの可能性に注目。
ナチュラルな素材はもちろん好きなのですが新しい素材との意外な組み合わせがとても新鮮。


アンティークばかりを日常見ている中でミラノサローネは毎回、頭の柔軟体操になります。


もやもやと頭の中に面白いものが浮かんできたような・・・
こういう時に手を動かさなければ!!


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-20 09:26 | ミラノサローネ | Comments(0)

ミラノサローネ2010 part2

Fiera会場、Fuori Saloneで多く見られたライムグリーン。


f0204955_6512237.jpg
小物でのワンポイント


f0204955_6522145.jpg
テーブルとディスプレイ


f0204955_6533971.jpg
私の大好きなY-chairの新色も今年は緑


f0204955_6543741.jpg
Giorgiettiも


f0204955_6564464.jpg
色が分かりづらいですがこれも緑の生地を大胆に張ったソファ
こういった大きめのソファを広いスペースを使ってレイアウトしているブースも目立ちました。


さてここからは私の個人的なお気に入り

f0204955_705844.jpg
driade


f0204955_72922.jpg
存在感抜群!!意外に座り心地もいい感じ


f0204955_732834.jpg
Cecottiらしい新作。白染色の木部がちょっともったいない気が・・・


f0204955_75123.jpg
ひさしぶりにporadaらしい新作。今年はウォールナットが非常に多い


f0204955_762411.jpg
モールドウレタンでとても座り心地が良い


f0204955_773572.jpg
納まり・木の質感も良いフォールディングチェア


f0204955_710184.jpg
Moroso新作


f0204955_7104883.jpg
素材や色の違いで全く違う印象だがどちらもけっこう好み


f0204955_7123181.jpg
毎年そうだがmorosoはテキスタイルの使い方がいつも新鮮


f0204955_713476.jpg
これも色違いで面白い


f0204955_7155543.jpg
吉岡徳仁の新作


ブースとしてはVitraがとても印象的。
ライフスタイル提案が求められている今の時代にぴったり。


f0204955_7171731.jpg
f0204955_7191269.jpg
f0204955_7194525.jpg
f0204955_7202127.jpg
コーディネートの参考になるのでは・・・


f0204955_7212589.jpg
Vitraのブースでi-padを使う人を発見。来年はこんな姿も多く見られそう


続く・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-20 07:29 | ミラノサローネ | Comments(0)

ミラノサローネ2010 part1

Milano Salone2010に行ってきました。


今回はあまり時間がなかったので本会場はClassicoをほんの少し、Design、Satellite。
Fuori Saloneではメインのショールームを何件かとZona Tortonaを見てきました。


今年のサローネ。
Earth・エコロジーといったキーワードが各メーカーから随所に見ることが出来ました。


f0204955_21532951.jpg
Poltrona Frauショールーム


f0204955_21554690.jpg
Villeroy&Bochショールーム


f0204955_21561321.jpg
Fiera会場


f0204955_21564951.jpg
Fiera会場


f0204955_21572337.jpg
まさにEarthデザイン


エコを感じさせる間伐材の家具。


f0204955_22275175.jpg
間伐材のリビングテーブル


f0204955_222944.jpg
間伐材のスツール


f0204955_22294619.jpg
ここにも間伐材のスツール


様々な種類の石の家具


f0204955_22322499.jpg
石ころを留めているのはコンクリートではなくグレーのウレタンで見た目とは違い柔らかい


f0204955_22343375.jpg
凹凸がまだ残る磨きをあまりかけていない石天板


f0204955_22352665.jpg
テラコッタの天板で触感はざらざら


f0204955_22362220.jpg
大理石リビングテーブル

f0204955_2237490.jpg
アラバスタ天板のリビングテーブル


次に目立ったのはオリエンタルデザイン。


ヨーロッパの人たちにとって日本も中国も韓国もデザインの区別はほとんどされておらず
オリエンタルというくくり。
昨年までは日本も中国もぐちゃぐちゃに混ざっていた。
しかし、今年は水墨画風のテキスタイルや陶器等中国のデザインを特に多く見ることが出来た。


f0204955_22474969.jpg
水墨画のテキスタイル


f0204955_22493717.jpg
水墨画の入った陶器


f0204955_22504481.jpg
ディスプレイも中国アイテム


f0204955_2252613.jpg
ワンポイントにオリエンタルなテキスタイル


来場者の半分は中国人ではないかと思ってしまうほどとにかくどこにいっても中国人ばかり。
いろいろな意味で世界中の人達が中国を意識しているのを感じずにはいられない・・・


続く。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-19 22:58 | ミラノサローネ | Comments(0)

モノの成長

小春日和のFirenze。


少し時間が空いたのでPalazzo Pitti/Giardino di boboliでひなたぼっこ。


f0204955_8162588.jpg
boboliからのDuomo


太陽の光の加減が非常に良かったのでちょっと写真撮影。


f0204955_8201830.jpg
一年半、常に一緒に過ごしたカメラケース


f0204955_8185922.jpg
一年半前の出来たての状態


クロム鞣の革では出ることの無い独特の雰囲気。
新品の時より明らかに雰囲気が出てかっこ良くなってきている。


「モノの成長」


これを感じられるようなモノ作りをこれからもしていきたい・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-13 08:37 | | Comments(4)

ブログ1周年

このブログを書くようになって一年が経ちました。
日記のようなものが苦手でメモ帳代わりにとはじめたこのブログ。


本当に様々な出会いを与えてくれました。
昨年のラジオ、テレビ出演などもこのブログがきっかけ。


最近ではブログを見たという方から連絡をいただいてお会いすることも少なくありません。
私の書いている内容も内容なのでこういった方々はバラエティに富んでいて刺激になります。
日本で普通に仕事をしていては決して出会うことの出来なかった方々ばかり。


出会いというのは本当に不思議なもの・・・


Firenzeに来て何かをしようとすると世界というのは狭くなるのだとわかりました。
とにかくいろいろなところで繋がっている。
最初は偶然だと思っていましたがこれは必然なのだなぁと・・・


Firenzeでどこまでモノが作れるか、残せるか、ストイックにやっていくことでさらに世界は
狭くなって行くはず。


どんな新しい出会いがあるか楽しみです。


そしてこのブログを書くきっかけをくれたRoudiam Designにあらためて感謝。


ありがとう


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-09 05:54 | Comments(4)

Greve in Chianti

土曜日はArezzoアンティーク市。


Pasqua(復活祭)前日ということもあり人もかなり多め。


置いてあるものはいつも通りという感じでしたが彫刻刀を2種類ほど購入。


そしてPasquettaの月曜日。


インターネットを見ているとGreve in Chiantiで半年に一度のアンティーク市が
あるとのことで行ってみました。


Firenzeからバスで約1時間のワイン、テラコッタの焼き物などが有名な街Greve in Chianti。


f0204955_22223417.jpg
普段は静かな街のようですがこの日はとにかくすごい人


f0204955_22235710.jpg
お店もたくさん


f0204955_22252549.jpg
いい感じの工具たち


f0204955_22263342.jpg
真鍮製のアルコールランプ


好みのものも多く並んでいたのですがちょっと高め・・・


メインのPiazzaにあった有名なサラミなどのお店「Antica MACELLERIA FALORNI」


f0204955_22291345.jpg
店内に並ぶ生ハムやサラミ


f0204955_2237273.jpg
地下に並ぶチーズ


f0204955_22381587.jpg
せっかくなのでCinta seneseのサラミを買ってみました。
高いだけあってクセも無く美味しい!!


f0204955_2241252.jpg
今週末の購入品


Pasquettaの雰囲気を味わえた今週末でした。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-04-06 22:47 | アンティーク市 | Comments(4)