<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

黙々と・・・

現在取りかかっている酒井抱一。


黙々と切り進めてやっと並べ替えも終了。


f0204955_8142136.jpg
今回のメイン 背景/ケヤキ


f0204955_8151012.jpg
背景/ローズウッド


f0204955_816994.jpg
背景/ウォールナット


f0204955_8222544.jpg
背景/チェリー


ウォールナットベースの雰囲気がお気に入りかなぁ・・・


そして一番のポイントである「潦(にわたずみ)」。


ケヤキとオリーブの木目の強いものを利用して表現。


磨きをかければもう少し木目のコントラストが出てくるので良い雰囲気になるはず。


楽しみ、楽しみ。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-30 08:34 | 木象嵌細工/抱一 | Comments(6)

解読出来ますか?

朝起きてパソコンの時計を見てみると目覚まし時計より一時間進んでいる・・・
そう、今日からイタリアは夏時間。
今は夜の八時だがまだうっすらと外は明るい。
何か強制的に季節を変えられたようなちょっと不思議な感覚がいつもある・・・


さて昼間はスッカリ春の陽気で街を行く人達もTシャツだったりする。


第四日曜日は家の近く、Ciompiのアンティーク市。


いつも通りブラブラ。


f0204955_3431115.jpg
小鳥が秒針になってくるくる回る時計


これだけ毎週のようにどこかのアンティーク市に顔を出していると顔見知りも増えてくる。
そして彼らはいつも通り、これは売れないだろうという品物を並べ続けている・・・


しかし、出会いというのはいつも突然訪れる。


以前ワニバッグを買ったお店。


ふと見てみると以前、Sorrentoの木象嵌細工博物館で見た木製の糸鋸が!!


それも状態がいいものが2つ。


何か2つ以上買うと値引きはしてもらいやすく、今回も2つ購入して値引き成功。


即購入。


f0204955_3495249.jpg
少し手を加えればまだまだ現役


f0204955_3565341.jpg
この糸鋸の一つに残されたメッセージ?


イタリア語でも英語でもないらしい・・・


どなたか解読出来る方がいれば何が書いてあるか教えて下さい。


f0204955_481043.jpg
修復が必要な靴型達も保護


修復後、靴職人さん達に還元する予定。


今日もいい出会いのあった一日でした。


ありがとう。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-29 04:20 | アンティーク市 | Comments(0)

咲いたけど・・・

チューリップのはずなんですが・・・


f0204955_912652.jpg



http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-26 09:05 | Comments(0)

今思うこと

最近、修復を検索したらこのブログをみつけたということでご連絡頂く機会が多い。
非常に嬉しいことです。


修復というのは残念ながらまだ日本ではあまり一般的な仕事ではなく、特に家具に関しては
日本でこの仕事をされている方は数えるほどだと思います。


ヨーロッパでは100年程度の家具はまだ新しいと言われますが
日本人が椅子、テーブルの生活になってからまだ100年そこそこ。


日本の家具文化はまだはじまったばかり。
修復してモノを使い続けるという感覚がまだ一般的ではないのも当然です。


では将来的に修復という仕事が必要とされるかといえば今の状況ではNoです。


今日本で普及している家具は残念ながら10年、20年経つとボロい家具になってしまいます・・・
ヘタをするとそんなに長く持たないかもしれません。


日本の場合、納品・引き渡し時が最高の状態です。
家具に関しては構造自体もそのように作ってあるものがほとんど。


新品のジーンズや革靴はかっこ悪いという感覚は分かっていただける方も多いと思います。
良い家具はそのような感覚で、使っている過程でどんどん雰囲気を良く出来るものなのです。


ただそれを伝えようとする人が少な過ぎる。またそういった対象となる家具も少な過ぎる。
こんな状況では修復が必要とされる訳がありません。


「修復が必要とされる世の中を作る」


今の私の目標でありテーマです。
これは決して一人で出来ることではないので少しでも多くの人に修復というものに
興味を持って欲しいと願っています。


必要とされた時に対応出来る技術・知識。
まだまだ、まだまだ不足しているのでしっかり勉強しなければ・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-24 20:50 | Comments(6)

またまた蚤の市

あいにくの曇り空の中、Fortezza da bassoのアンティーク市。


雨が降り出す前にと早めにぐるっと一回り。


f0204955_9182237.jpg
Sorrentoの木象嵌細工の・・・もともと何かについていたものが折れたのかな


f0204955_921410.jpg
1920年頃のArtDecoの箱

値段も手頃だったのですが一周してもう一度行ってみると売れてしまっていました・・・


f0204955_9265011.jpg
ついついまた箱に目が・・・

この箱仕組みが面白い。
中に隠れた小さな引き出しがたくさんついている。

f0204955_9314680.jpg
ふたを開けるとまず一段の箱

f0204955_9362299.jpg
最初の箱を外すとさらに新たな箱

f0204955_9395257.jpg
小さめの箱を外すと中に隠れた小さな引き出しが4つ

f0204955_9413529.jpg
その引き出しを外すと中に作られた場所と年代を発見

 3 AGOSTO 1901 Termo

109年前の夏、TermoというLa Speziaの近くの町で作られたようです。
細工もきれいで状態も良かったので結構いい値段がしていました・・・


f0204955_9541670.jpg
そして今日の購入品


真鍮製の1940年代の霧吹きと19世紀後半イギリスの映写機のディスク。


f0204955_103502.jpg
映写機とディスクのセット販売のところをディスクのみ一枚だけ購入


f0204955_1063476.jpg
Irish Pubでの一コマ


ガラスに手書きで非常に細かい描写がされていて木のフレームもいい感じ。


今日も良いものに出会えて満足な一日でした・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-21 10:42 | アンティーク市 | Comments(2)

Linea Pelle 2010

春のLinea Pelle最終日。


ウィーンでも革屋を見ましたがやはりトスカーナの革はグレードが高いですね。
流行なのか型押しのパターンがかなり増えていたように感じました。


今回も終了直前に目を付けておいたサンプルの革を購入。


f0204955_2340275.jpg
かなり大きめのフルタンニン鞣しの革


f0204955_23413615.jpg
オリーブ色でオイルもしっかり入っていてしっとりとした触感


f0204955_23424351.jpg
これもフルタンニン鞣しのラクダ革


デザイナー、取材、学生など詳しくは分からないですが今回は日本人が
かなり多かったような気が・・・


購入した革はまだ何を作るか決めていないので鞄などご希望があれば気軽にお問い合わせ下さい。


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-19 23:50 | | Comments(2)

咲いた・・・

f0204955_894649.jpg




http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-18 08:10 | Comments(0)

着々と・・・

今日のフィレンツェはすっかり春モードで暖かい陽気。


花粉がかなり飛んでいるらしく鼻水が止まらない・・・


f0204955_10354420.jpg
チューリップもいい感じ


さて先日から切りはじめた酒井抱一。


f0204955_10131972.jpg
順調に進行中


この作品は細長いパーツが多い。


集中して折らないようにしなければ・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-16 10:45 | 木象嵌細工/抱一 | Comments(0)

もうすぐ春なので・・・

近くのcoopで安売りになっているチューリップを発見。


f0204955_5124751.jpg
つぼみが3つ


これが咲いたらそれを木象嵌細工にしてみよう!!


そんな自然に任せたモノ作りも良いと思う。


のんびり、のんびり・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-14 05:23 | Comments(2)

酒井抱一/夏秋草図屏風

新しい木象嵌細工をスタート


f0204955_857346.jpg
酒井抱一/夏秋草図屏風


2008年に東京国立博物館「大琳派展」で初めてこれを見たのですが何とも言えない絶妙な構図に
しばらく見とれてしまいました。


夏の夕立による川を表現したという不思議な形はまさにArt Nouveau。
多くのヨーロッパのデザイナーが当時、ジャパニーズデザインに魅了されていたというのが
よく分かります。


今回はこの川を含めた右上部をピックアップ


f0204955_918148.jpg
新しい相棒の糸鋸は結構じゃじゃ馬・・・


f0204955_9291971.jpg
cipresso・ciliegio・noce・olmo・mogano・palissandro


6種類の木でとりあえず4パターン並べ替え。


f0204955_9364510.jpg



相棒にも馴れて来たところで今日は終了。


今回もかなり細かい作業になりそうです・・・


http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-03-12 09:45 | 木象嵌細工/抱一 | Comments(0)