カテゴリ:旅行( 42 )

なんとかフィレンツェに到着。。。

昨夜フィレンツェに到着しました。

本当は日曜日の夜に着く予定だったのですが、、、

f0204955_18001729.jpg
ミュンヘンからフィレンツェ行きの飛行機が悪天候のため欠航

飛行機変更の手続きのために19時から並ぶも25時に受付終了。
翌朝5時からの受付開始のために列に並んだ状態で空港の床で一眠り。。。

そこからまた3時間ほど待って変更できたチケットは11:15のPisa行き。

まあとりあえずPisaからバスでなんとかフィレンツェに到着できると一安心したものの、、、
Pisaに着いてみるとまさかの4つ預けていた荷物の1つがロストバゲージ。。。

踏んだり蹴ったりの旅路でしたが家には無事到着しました。

疲労困憊でしたが久しぶりのベッドでの就寝で体もだいぶ楽になりました。
ということで今日からまた工房での仕事をスタートです!!


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-12-12 18:11 | 旅行 | Comments(0)

日本滞在もあと一日。。。

今年の日本滞在は10月末から約一ヶ月半。
かなり長めだなと思っていましたが本当にあっという間でした。。。

きちんとご挨拶ができなかった方々も多く残念ですがまた来年あらためて
お会いできればと思います。

f0204955_02020012.jpg
f0204955_02011842.jpg
f0204955_02012579.jpg
京都での個展も無事終わってちょっと山陰までショートトリップ

そして今日は琵琶湖畔で食事をして比叡山が近いということでちょっと寄ってみようと
行ってみると、、、

f0204955_02050710.jpg
f0204955_02050678.jpg
10分前まで晴れ間も見えていた空が急に一変して猛吹雪であっという間にあたり一面真っ白

なかなか刺激的な旅でした。

日本滞在は残すところあと一日。
しっかり準備をしてイタリアに戻ります!!


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-12-09 02:12 | 旅行 | Comments(0)

ショートステイでトリエステを満喫

今回のトリエステ旅行は3泊4日。
初日は遅い時間だったのでチェックインの後に夕食を食べつつ町をぶらぶら。

二日目は午前中からミラマーレ城と庭園をゆっくり見学。

f0204955_02132018.jpg
f0204955_02214015.jpg
f0204955_02142288.jpg
広い庭園とお城の中は見応えたっぷり


午後からは街の中心を散策。

f0204955_02134984.jpg
海と空とのコントラストがきれいな海沿いのChiesa di San Nicolo dei Greci

f0204955_02214151.jpg
小高い丘の上にあるCattedrale di San Giusto

f0204955_02214007.jpg
鮮やかなブルーを基調としたミクロモザイクが美しい


三日目は午前中からGrotta Giganteへ。

旅行の時、洞窟と高いところは行こうと決めているんです。

f0204955_02140124.jpg
100mの落差を500段の階段で上り下り

ガイドとともに約一時間の幻想的な時間が楽しめます。

ちなみにこの洞窟には地震観測装置が設置してあり、東日本大震災も観測されたそうです。
これだけ距離があっても地殻の揺れは感じるとのこと、不思議です。。。


旅でもう一つ決めていることは周遊船があれば乗ってみるということ。

f0204955_04101838.jpg
ということでフェリーで30分ほどのMuggiaという町へ

f0204955_04172482.jpg
小さな港町Muggia

帰りはバスで再びトリエステへ。

市内はバスが便利に通っていて今回の旅では一日券をフル活用しました。
(町から少し外れたMiramare、Grotta Gigante、Muggiaへもこの一日券が使用可能)


天気もいいし夕暮れのミラマーレ城を海から見たいということで再びバスでミラマーレへ。
バスの終点がちょうどフェリー乗り場でトリエステに帰ることができます。

f0204955_02143383.jpg
フェリーの到着まで黄昏のひと時

f0204955_02144558.jpg
フェリーでトリエステまで30分ほどの船旅

f0204955_02145710.jpg
予想通り最高にきれいな夕暮れ時

f0204955_02151823.jpg
到着のころにはライトアップもスタート

この時間帯のフェリーは是非オススメです!!

まだまだ見たいところもあるのでまた来てみたいな思う素敵な町でした。


お問い合わせ
mail@zouganista.com
工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-08-27 17:00 | 旅行 | Comments(2)

古い地図から見る日本

ミラマーレ城のような建物を訪れるとコレクションとして世界地図が
保存されていることが多い。
f0204955_21562531.jpg
1855年発行のASIA地図

f0204955_00291089.jpg
当時のヨーロッパから見た日本はこんな感じ

当時の日本は鎖国解除・黒船来航など海外との距離感が一気に変わり始めていた時期。
日本人がそれぞれの町をどう呼んでいたかなど興味深い点がたくさん。
佐渡や松島などの小さな島の名前が記載されていたりと海外貿易の中で重要な役割を
していたのがどこかもよくわかります。

日本史と世界史は分けて教わりますが両者の時代背景を抑えながら見てみると実に面白い。
こういう授業をやってくれる先生がいたらもっと早く歴史にも興味が持てたんだろうな。。。


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-08-27 01:00 | 旅行 | Comments(0)

アドリア海の港町トリエステ

今年のプチバカンスはトリエステ。

スロベニアとの国境の町であるTrieste。
国境の港町というのは侵略の複雑な歴史背景を持つことが多い。
この町も例外ではなくその結果、言語や文化・宗教などが入り混じり
やがて独自の雰囲気が生まれる。

私の場合、それを家具・インテリアを通して感じる習慣が出来てしまっているので
どこにいってもついつい足が止まってしまう。
基本的な様式がある中でネオクラシコとアールヌーヴォーの中間のような家具や装飾が
多く見られ、時代の狭間に立った不思議な感覚に見舞われる。

f0204955_21580836.jpg
町一番の名所でもあるアドリア海に面した断崖に建てられたミラマーレ城

f0204955_21562399.jpg
中に置いてある家具はこれでもかというぐらいに木象嵌で装飾されている

f0204955_21562231.jpg
椅子も背から脚までびっしり。。。

f0204955_21562438.jpg
これも全部。。。

ただ細かいディテールをみると自分の方がもっときれいにまとめることが出来るかなと。
こういった家具のリクエストがありましたらいつでもご相談ください(笑)

財産の象徴であった木象嵌細工。
この時代に生きていれば仕事に困らなかっただろうな。。。

でも時代は合わせるものではなく、創るもの!
また木象嵌細工の技術が必要とされる時代をつくるために様々なアプローチを
してみようと思っています。


ネオクラシコスタイルのこの家具とは別にここにはオリエンタルのインテリアや
家具の部屋が混じっていて

f0204955_22481362.jpg
日本のシルク製の壁紙が貼られていたり、

f0204955_22492200.jpg
たくさんの中国の陶器のコレクションがあったり。

それがインテリアとしてまとまっていてなんともいい雰囲気。
この感覚をしっかりと体に染み込ませて、、、また引き出しが一つ増えました!


お問い合わせmail@zouganista.com
工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-08-26 23:07 | 旅行 | Comments(0)

Certosa del Galluzzo

ルシファーという悪魔の名前までついた今年のフィレンツェの猛暑もようやくひと段落。

工房は少し夏休み中。。。

ということでフィレンツェからバスで30分ほどのところにある
Certosa del Galluzzoという修道院へ。

f0204955_10020178.jpg
14世紀に建てられた修道院

以前からオススメされていたこの修道院。
中に入る事のできる時間が決まっていてその時間になると修道士さんが案内をしてくれる
というシステム。

写真を撮るという雰囲気ではなかったので中の撮影はしませんでしたが併設された教会も含めて
予想以上の広さとクオリティの高さにびっくり。

1500年代に作られたという祭壇装飾の木象嵌も見事でなんとも言えない荘厳な空気感を
演出していました。

当時の修道士が生活をしていたという部屋などもそのまま残っており生活の様子が
目に浮かぶようでした。

木象嵌細工はLavoro Certosino(修道士の仕事)と言われるほど集中力と忍耐力が必要な仕事。
不思議と共感できる空気にとても有意義な時間を過ごす事ができました。


お問い合わせ
mail@zouganista.com
工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

[PR]

by lunapienabytaka | 2017-08-17 10:38 | 旅行 | Comments(0)

Bevagnaで中世ヨーロッパにタイムトラベル

Gubbioに行った翌日、Bevagnaという町で中世のお祭りがあるとのことでマエストロに同行。
f0204955_6324866.jpg
小さな町ですがルネッサンス以前、中世ヨーロッパの時代にはローマとフィレンツェを繋ぐ
貿易の町として栄え、当時はパリやフィレンツェよりも人口が多かったそうです。

f0204955_6401865.jpg
今では日本のガイドには載っていないほど縮小してしまったようですが当時の雰囲気が
町全体に残っていてこの時期はさらに様々な演出もされているのでまさに中世そのもの。

祭り自体が10日間で私が参加しているScarperiaのお祭りよりも全体的に凝った演出。

f0204955_6413287.jpg
当時は貴重品だった灯り用のロウソク

f0204955_6441831.jpg
ワインボトル用の編み物

f0204955_645229.jpg
中世音楽の弦楽器

f0204955_6465650.jpg
かなり暑そうだったガラス職人

f0204955_6492567.jpg
こんな感じの小さな町がまだまだ無数にあるイタリア

少しずつ旅行してみようと思います。

お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2017-06-27 06:52 | 旅行 | Comments(0)

小旅行でリフレッシュ!

Gubbioの近くにマエストロの家族の家があり週末に一緒にどうかとお誘いを
いただき小旅行をしてきました。

山間にあるとても静かな小さな町。
f0204955_8275533.jpg
大自然の中でのBBQは至福の時

日が沈めば街灯も少なく辺りは真っ暗闇。
無数の星と無数のホタルの光で夢のような時間でした。

f0204955_8321610.jpg
車で15分ほどのGubbioの町も満喫

f0204955_8343657.jpg
f0204955_8413070.jpg
中世の姿が色濃く残るGubbio

f0204955_8361588.jpg
二人乗りのかなり怖いロープウェイで絶景の中、山頂にある教会へ

f0204955_8372699.jpg
tre ceriという有名なお祭りの終着点

電車ではなかなか行きづらいところなのでとても満喫させてもらいました。

10年前に語学学校からの紹介で出会ったマエストロ。
修復の技術の中でも象嵌の修復のスペシャリストで彼に出会って初めて知った木象嵌という技術。
この出会いがなければこの10年でこんなに人生が変わることもなかったと思います。
久しぶりにゆっくり話もできてすっかりリフレッシュ!

また明日から頑張ってやっていけそうです!!


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2017-06-26 08:54 | 旅行 | Comments(0)

久しぶりにSorrento再訪

地震が続いたイタリア。
揺れを感じたという方もいましたが幸いフィレンツェではほとんど被害は出ていないようです。

そんな中、先週末は南イタリアに行ってきました。
f0204955_7383724.jpg
NapoliからSorrentoに入ってAmalfiへ

もうオフシーズンで人も少ないかと思っていましたが結構な混雑ぶりでした。


Sorrentoはいまだに木象嵌の職人が多く残るヨーロッパでも数少ない町。
木象嵌細工の博物館があったりと町の名産品にもなっています。

日本で見るイタリアの木象嵌細工というとSorrento産のものがほとんどですが残念ながら
大量生産によるものばかりであまり良質のものとは言えません。。。
Sorrentoの町でも昔ながらのスタイルを守っている職人さんは数人だそうです。

7〜8年前に一度この町に来たことがあるのですが今回改めて博物館の所蔵品のクオリティの
高さには感動しました。

f0204955_7344817.jpg
前回訪れることの出来なかったCatedraleの中も感動。。。

f0204955_7365157.jpg
さすがSorrentoのメインの教会

このクオリティのものが並ぶとその空間の空気感を変えてしまうほど木象嵌というのは力を
持っています。

f0204955_7374529.jpg
大理石と木象嵌のコンビネーション


素晴らしいものが多く残る中、お土産やさんに並ぶ大量生産のオブジェ。
世界的に出回っているのはこの大量生産の木象嵌がほとんどなのでSorrento/イタリアの
木象嵌というとこのクオリティを想像されてしまう。。。

本物のイタリアの木象嵌の素晴らしさをどうしたら伝えられるか、、、
改めて考えていきたいと思います。


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2016-11-07 07:56 | 旅行 | Comments(0)

porto venereでリフレッシュ

少し休みをとって友人のいるLa speziaに行ってきました。

f0204955_21523981.jpg
今回はLa speziaから定期船で30分ほどのPorto venereへ

f0204955_2154475.jpg
バカンスシーズンということもあり町も賑わってます

前にも来たことがあったのですが町の上に立つCastello Doriaはまだ行っていなかったので
ゆっくり登ってみました。

12世紀に建てられた軍事施設であるCastello Doria。

f0204955_21582746.jpg
360°見渡す事の出来る各方角にある見張り台
f0204955_21593982.jpg
どこを見てもとにかく絶景。。。

一人で仕事をしていると気持ちの切り替えがなかなか難しいのでバカンスをとるということが
とても大切な事だと改めて感じました。

頭もリフレッシュしたので今日から工房での仕事もスタートです!!


お問い合わせ
mail@zouganista.com

工房
via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)

New!! www.zouganista.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
[PR]

by lunapienabytaka | 2016-08-22 08:00 | 旅行 | Comments(0)