はじめてのOpera鑑賞

日本から来てくれている相方のお供で人生初のOperaを見るためにVeronaへ。


f0204955_844384.jpg
ロミオとジュリエットで有名なこの街自体も初めて。


Operaが始まる夜まで少し街をブラブラ。


f0204955_846564.jpg
カラフルな街並


f0204955_848182.jpg
f0204955_8452386.jpg
f0204955_8493734.jpg
イタリアでは珍しいキチンと動いている時計台がたくさん


f0204955_8505381.jpg
多くの建物で使われているちょっと変わったチョコレート色の壁


f0204955_8531572.jpg
川と城壁に囲まれた街


f0204955_8564752.jpg
そして街の中心でもある野外Opera劇場のArena


今回の演目はAida。
古代エジプト時代、勇敢な一人の兵士と相対する国それぞれのお姫様との複雑な恋の話。

メインの曲は今では日本人のほとんどが知っているであろうサッカー日本代表のテーマ曲で
この曲が主役の兵士が戦争から凱旋帰国する時に使われます。
恥ずかしながら私もこの曲がこの有名なOperaの曲だということを知りませんでした・・・


f0204955_981263.jpg
円形劇場の舞台とそれを取り囲む観客席


f0204955_9113921.jpg
夜が更けてくるにつれていっぱいになってくる観客席


f0204955_9125293.jpg
オーケストラと野外劇場ならではの壮大なセットに本物の馬も登場する豪華な演出


f0204955_9192177.jpg
そして今回のラストシーン


あらかじめ内容と見どころなどを聞いていたおかげで歌の歌詞などを聞き取ることは
ほとんど出来ませんでしたが役者の演技・舞台の演出、オーケストラの演奏やそれを
指揮するMaestroの動きでどういったシーンなのかは感じ取ることが出来ました。


はじめてOperaを見た感想は美術館のアートを極上の音楽にのせて流れるように
鑑賞したといった感じ。

舞台演出にはそれぞれのシーンのシンボルとなるものが強調されており
それをどう表現するかが演出家の腕の見せどころ。
これは西洋絵画でも同じで、同じ題材でキャンバスという限られた空間で
どう表現されているかがそれぞれの絵画の魅力。

音楽に疎い私はこういった舞台演出の方についつい目がいってしまいますが野外劇場
という舞台はやはり迫力がありました。
同じ演目を異なる劇場、異なる演出家のものと見比べることによって初めて
今回すばらしかった部分などを知ることが出来るような気がします。
イタリアで気軽に見ることが出来る間に少しでも見ておかなければ・・・


それにしても今回の指揮者は音楽に疎い私でも迫力が伝わってくるすばらしい方でした。
彼の全身の動きですべての音、演技が操られている様子はライブならでは!!


イタリアでまた貴重ないい経験をすることが出来ました。


New!! www.lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2011-08-16 09:59 | 旅行 | Comments(4)

Commented by yusuke at 2011-08-16 15:16 x
ジャンル問わず、色々な芸術や綺麗なもの、感動する事に触れているのは職人として豊かになりますよね♪
Commented by 汗水働く家具職人 at 2011-08-16 21:22 x
はじめまして。職人の検索でみつけました。
作家さん??? 優雅な時間を過ごされているのですね。
よく見ると同じ歳のようですね。こっちは毎日、納期に間に合わせる毎日。。。うらやましいです! 励ますつもりが。。もっと自分が作りたい物を作れるようがんばらなくては。。。
Commented by lunapienabytaka at 2011-08-18 07:17
>yusukeさん
ライフスタイルというくくりをしていく中で自分がやろうとしていることにOperaは欠かせないものなのでとても興味深かったですよ。
Commented by lunapienabytaka at 2011-08-18 07:25
>汗水働く家具職人さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
優雅そうに見えたのはここ1週間ほどのこと。
普段はけっこう厳しい生活をしています・・・
Operaもこちらで見ると野球の外野自由席と変わらない値段で
見られますからね。
今はとにかく自分の作りたいモノだけを作るようにしています。
ただこれがやってみると非常に難しい・・・
悪戦苦闘しながらモノ作りをしてますのでまたのぞいてみて下さい!!

<< 残暑が厳しい・・・    Aosta渓谷・城と大自然 >>