いよいよ佳境

いつまでも靴作りに時間をかけている訳にもいかないので今週
集中をして一気に作業を進めました。

作業に集中し過ぎてすっかり写真がたまってしまいました・・・

前回までですくい縫い、ハチマキの取り付けは終わっていたのでシャンクの
取り付けからスタート。

かかと部分から土踏まずにかけて歩いた時の返りが良くなるようにシャンクを入れるのですが
素材は様々で木・竹、革、金属等々。
f0204955_4104437.jpg
今回は本底に使う5mmベンズを加工して使用

次は本底を付けるための土台作り。

凹凸、隙間を無くすためにコルクを詰めるのですが今回はコルク粉が無いので
コルクの固まりを削って代用。ボンドで混ぜて盛っていきます。
f0204955_4321218.jpg


ベースが出来たところで本底の貼付け。

とにかくこのベンズが硬い。
ナイフ、包丁できれいに切る自信が無かったので糸鋸でカット。
ヘタな木よりよっぽど硬かった・・・

一晩水に付けて革を柔らかくしておいて接着面を乾かして接着。
接着ときれいなRがしっかり出来るようにひたすらハンマーで叩き続けます。
先日作ったハンマーが大活躍!!
f0204955_442014.jpg
靴底の形状などまともに見たことが無かったのですが履き心地には非常に重要なんですね・・・

f0204955_4434937.jpg
ちょっとRがきつ過ぎたかな・・・


接着剤がしっかり乾くのを待ってから次は出し縫いの準備。

f0204955_4462813.jpg
ドブ起こしという縫い糸を後で隠すための細工

f0204955_4493889.jpg
糸を納めるための溝の深さがいまいち分からず・・・とりあえず適当に掘ってみました

f0204955_4522399.jpg
出し針で下穴加工

クロスステッチで出し縫いを仕上げてドブ伏せ。
f0204955_454990.jpg
この作業で靴底に縫い糸が見えなくなるんですね

底側の写真ばかりでしたが上から見るとこんな感じ。
f0204955_4571415.jpg
縫う際にかなりきつく糸を引くのですが加減が難しい

とりあえず縫いの作業はすべて終了。

すっかり長くなってしまったので続きはまた次の機会に・・・

http://lunapienabytaka.com

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へにほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
[PR]

by lunapienabytaka | 2010-02-14 05:04 | 靴作り | Comments(0)

<< いよいよ佳境・続き    箱の魔力 >>